バイク動画 1967年ホンダ モンキー(MONKEY)Z50M

バイク動画 1967年ホンダ モンキー(MONKEY)Z50Mのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

バイク動画 1967年ホンダ モンキー(MONKEY)Z50M

今回は1967年ホンダ モンキー(MONKEY)Z50Mのご紹介です。
1961年の東京モーターショーにおいて発表された、
レジャーバイクのZ100型がモンキーの歴史の始まり。
1964年にはモデルチェンジ版であるCZ100の
日本国外への輸出も始まり、販売先で好評だったこともあり、
国内向けの公道走行仕様も開発が行なわれました。

その国内向け最初のホンダ モンキー(MONKEY)となるのが
1967年に発売されたZ50M型です。

エンジンはスーパーカブに準じた空冷50cc単気筒で、
バルブ機構はカブと共にCZ100のOHVからOHCに変更されました。
特徴といえばハンドルはトップブリッジ部分にノブを持つ折畳式で、シートも支持フレームを畳み込むように下げることができることです。


■1967年ホンダ モンキー(MONKEY)Z50M スペック
空冷4サイクルOHC2バルブ水平単気筒 49cc
圧縮比 8.8
最大出力 2.6ps/6000rpm
最大トルク 0.31kg*m/5500rpm
変速機 3段
公称最高速度は45km/h
発売当時価格 \63000


■バイク動画 1967年ホンダ モンキー(MONKEY)Z50M





ホンダ モンキー(MONKEY)といえばZ50Jが有名ですが
この初期のZ50Mも歴史上外せないですよね。
チェックシートがお洒落だし今の時代の方が合ってる?
パワー、スペックでこそ今のモンキーには全然かないませんが
それはそれでよし!!

私も高校1年の時に始めてバイトして購入したバイクがモンキーで
まさしく原点です。1978年式Z50J−I型でしたね。
自分の生まれた年のバイクでした。年がバレますねw

いろいろカスタムも楽しみましたが運悪く盗難されましたが・・・
その後大人になってノーマルのモンキーを乗って楽しみました。
これほど愛されているバイクはないのではないでしょうか?
歴史も一番長いですから。
カスタムパーツも豊富でいじれば速くなるしね^^

ホンダ モンキー(MONKEY)は2009年1月に
エンジンに電子制御燃料噴射装置(PGM−FI)を搭載し、
エキゾーストパイプに触媒装置(キャタライザー)を内蔵させ、
排出ガス規制に適合し販売も再開されました。

そして受注期間限定(2011年3月10日(木)迄)
2月10日(木)にはブラックで統一したカラーリングなどの
特別装備を施した「モンキー・リミテッド」が発売されました。

常に時代の移り変わりとともに歩んできたモンキーの歴史は
まだ続きそうです。


■1967年ホンダ モンキー(MONKEY)Z50M
自己評価
★★★★★★★★

バイク動画 60年代HONDA(ホンダ)のバイク動画 1967年ホンダ モンキー(MONKEY)Z50Mのリンクについて

バイク動画 60年代HONDA(ホンダ)のバイク動画 1967年ホンダ モンキー(MONKEY)Z50Mのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。