バイク動画 1983年ホンダGB250クラブマン

バイク動画 1983年ホンダGB250クラブマンのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

バイク動画 1983年ホンダGB250クラブマン

今回は1983年ホンダGB250クラブマン(honda gb250 clubman)のご紹介です。
やはりこのバイクは外せないといいますか、
個人的にも思い入れが強いです。
ホンダGB250クラブマンは1983年に発売され、
その後1997年までの間多くの方に愛され、
現在でも根強いファンがいることでも知られるバイクです。


■1983年ホンダGB250クラブマン スペック
249CC 空冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力 30PS/9000回
最大トルク 2.5kgm/7000RPM
変速機6速


GB250クラブマンは、CBX250RSの派生車種として発売され、車体やエンジンなどはCBX250RSとほぼ共通している。


エンジンはMC10E型エンジンとなるが、これは輸出用であったホンダ・XR350Rをベースとされ、
また特徴的な部分は単気筒でありながら「RFVC=Radial Four Valve Combustion Chamber」とよばれる
放射状に4バルブ方式燃焼室を持った空冷・4ストローク・DOHC4バルブ・249CCの単気筒エンジンを搭載している。


また1983年の初期型のみツインギャブレター、マフラーの左右2本出しを採用。
販売計画(国内・年間)5,000台
メーカー希望小売価格 399,000円
当時はシングルシートをはじめ多数のアルミパーツがオプションとして販売された。

■バイク動画 1983年ホンダGB250クラブマン
 

冒頭で個人的に思い入れが強いバイクといいましたが
私は2型以外のGB250クラブマンを乗り継いできまして、
現在も最終型となる5型に乗っております。
基本的に単気筒が好きなのですがやはりこのバイクの魅力といえば、250CCでありながら30馬力のパワーとその軽さ、そしてカスタムパーツが豊富なところでしょうか。
しかも中古車体が安い!!


クラブマンのカスタムをする場合、初期型はツインキャブでなかなかセッティングが出しにくい点や、
カムベアリングが壊れやすいということをよく聞きます。
まぁ、どの型でもきちんとメンテナンスをしないと壊れてしまいますし、逆に定期的にメンテナンス、特にエンジンオイルなどをきちんとチェックしておけばそう簡単には壊れませんが・・・


確かに自分が乗ってきたクラブマンを思い返してみると初期型は色々不具合があったかな?
今は最終型で走行距離は7万オーバーですが異音もなくすこぶる元気です。
5万キロの物をオークションで7万で購入し、直接取引だったのでそのまま乗って帰ることに、
しかしその帰りの信号待ちでいきなり2スト並み、いや・・・カワサキのマッハレベルの白煙を吹きました。


完全にオイル上がり、下がりで大失敗のゴミレベルでした・・・


そのまま処分するわけにもいかず、翌日バイク屋に持っていきそのまま入院ww
工賃、パーツ代含め約16万円也!!
さすがにビビリました。


その後色々チェックするとチェーンやハブダンパースプロケ等が死んでました。
約3万円也!!


ホント災難でしたね。


その車両はどノーマルでしたがその後はフルカスタムして調子良く乗っていましたが
昨年思わぬ事故に巻き込まれ転倒、鎖骨骨折→後遺症(偽間接)っっw
フロントフォークが変形、タイヤパンクし、修理代約20万也!!
まぁ、これは相手の保険で支払ってもらいました。
ここでもクラブマンの愛着が強すぎて直す方向に!!
相当好きみたいですクラブマンww
まさにクラブメンです!!


今はこの動画に近い感じですね。
ハンドルはセパハンでロッカーズスタイルです!!


だいぶ純正パーツなどが手に入りにくくなりましたが、ヤフオクでもパーツは多くありますし、
マニアの方もいらっしゃるので当分は大丈夫でしょう!!
本当にいいバイクですし、軽いので女性の方や初心者の方にもおすすめです!!


■1983年ホンダGB250クラブマン
自己評価
★★★★★★★★★


バイク動画 60年代HONDA(ホンダ)のバイク動画 1983年ホンダGB250クラブマンのリンクについて

バイク動画 60年代HONDA(ホンダ)のバイク動画 1983年ホンダGB250クラブマンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。